2014年10月15日水曜日

11月ネアリカ大会、初参戦。





さて、


師匠AKIRAさんから、しのも出すように~との声を頂き、



11月に愛知県豊橋市にて行われる第6回全国ネアリカ大会に出展することになりまして、



制作しているのでありんす。









ネアリカってそもそも何なのかという話だが、

ネアリカとは、メキシコ山間部に住む先住民族ウイチョル族の毛糸絵画のこと。

ウイチョル族はメキシコのハリスコ州からナヤリット州の山中で暮らしている。

16世紀にスペイン人が征服しようとのりこんできたが、
あまりにも山奥に点在して暮らしていたので、
宣教師も軍隊も彼らを征服することをあきらめた。

白人の文化支配をまぬがれた唯一の先住民といわれている。

毛糸絵画ネアリカは、神話のモチーフを描かれていて、

神の使いとしてシャーマンや鹿や蛇、鳥や蝶などが登場する。

シャーマンがヒクリ(幻覚サボテン)を食べて見たヴィジョンを、極彩色の毛糸で描く。
AKIRAさんは実際に現地でその技法を学んできた。

(師匠AKIRAさんのブログより抜粋しつつ編集)


師匠がなぜネアリカを提唱し始めたのかと検索しようとすると、
10年前くらいの師匠のブログ風の日記が出てきてついつい読んでしまう。
これ→ 天の邪鬼主義


適当に年と月をチョイスして2002年2月を開いたら、
トトチョフ(AKIRAさんのお父さん)が亡くなった時の日記が出てきた。

AKIRAさんがニューヨークに行っている間にトトチョフが亡くなり、
警察に犯人は行方不明の息子だと仕立て上げられ…

これはAKIRAさんの著書「神の肉 テオナナカトル」にも書かれている。

AKIRAさんは死んだ父と再会するために
神の肉と呼ばれる幻覚キノコ、“テオナナカトル”を求めてメキシコに旅に出て、
んで、
致死量と呼ばれる量のキノコをシャーマンが居ない隙にこっそり食べてしまうのよね。
そのあと、どうなったかは、本を読んでね。


あれ?話がずれたぞ。
そしてまんまと本の宣伝までしてしまった。

でも、この本の中でネアリカと出会ったところが描かれているのよね。


フライヤーの文章を引用すると、

提唱者のAKIRA氏は、「ネアリカを広める意図はずばり『つながり』です。
家族とのつながり、仲間とのつながり、自分自身とのつながり、
自然とのつながり、大いなるものとのつながりを、
もう一度とりもどすきっかけになってほしいのです。
すべてはつながっている。
わたしたちはおっきなひとつの命を生きている。
それを思い出してほしいからです」と語る。

と書いてありました。






ってことで、






ネアリカって実際どういうものかというと、

師匠の作品の一部を紹介。


「羊のカムイ」

これ、毛糸を一本一本貼り合わせて描かれてるんよ。


「死者のカムイ」

しかも2mくらいあるのよ。


「太陽のカムイ」


ボランティアを募り、みんなで作ったんだって。



「鹿のカムイ」

参加のべ人数は560人だって!!


「家族のカムイ」

画像が粗くてごめんね。




詳しくはここ↓
AKIRAMANIA ネアリカ作品集に書いてあるよ。



一本一本貼り合わせて、こんなに美しいのは作れないよ~!!
そして私のこの性格じゃウリャァア~!!\(◎‶O″◎)/!!ってなっちゃう。

と、もがいていた時もありまして。

あぁ、師匠よ、ごめんね、私出来ない。と落ち込んだ時もあった。


そして、


私は師匠みたいなものを作ることは出来ないし、
同じようなものを作る必要は無いんだと気付いたのよね。

しかも、同じようなものを作ったってつまらん!!
と気付いた。





そう、

私は私だ。

そして最近、

横に2m以上のモノをすでに作っていたのだけど、
う~ん、なんかこれじゃないわ と思い、

新たに縦2m以上のもの作り始めている。






いつの間にか私は、

私のオリジナルな表現パターンを生み出していた。


師匠がネアリカの作り方を掲載しているが完全に無視しちゃってる私だ。

あはは(苦笑)




しかし、「永遠にオレを裏切りつづけてくれ!」と言われたので、


私は自分のやりたいようにやっていくよ。









ってことで、

私に、制作没頭期がやってきた。




なので、ひきこもります。


すでに入っている予定には赴きますが、

新しい予定は入れません。






そう、気付いたんだ、私。


今までみんなに好かれようとしていたのかも!って。


八方美人だった。

あと、みんなの期待にどうすれば応えられるのかと考えたりもしていたことに気付いた。





おっかしいな。

だから調子狂うよな。




よし、


みんなに嫌われよう!


みんなの期待を裏切り続けよう!!





メールも気が向いたときにしか返事しないかも。



えへへ



0 件のコメント:

コメントを投稿