2015年7月2日木曜日

☆ AKIRAさんの書籍紹介 目次 ☆

本の写真またはタイトルをクリックすると詳しい紹介ページが開きます。
新しい紹介ページもあります→ AKIRA BOOKS LIST



晶文社より 1,600円
2012年8月3日発売
80年代を放浪に明け暮れ、
5年にわたりアメリカのどん底を旅したAKIRAの描くニューヨークは、
バイオレンスとエロスの交錯するディープなアンダーワールド。
そんな世界で花開く友情と再生と愛の物語。



めるまーくより 1,700円
2012年11月5日発売
突然の父の死。
 父の暴力によって幼少から植えつけられた恨み、トラウマ。
死んだ父親さえ憎みつづける自分が、どうしようもない無能者に思えた。
しかし死者をあの世から連れもどせるわけはない。
 ……まてよ。ひとつだけ方法がある。




めるまーくより 1,800円
2007年9月発売
笑い、泣き、怒り、悲嘆し、放心する……の連続で、
一行一行まったく飽きさせない筆力に唖然。
無数にあるアジア旅行記の中でも、
これほど「人間」の洞察が鋭いものにはなかなか出会えない。
所にはさまれるスケッチも心を突きまくる。(「SWICH」書評より)
生の意味を、死の意味を、母の死を越え見つめていく、AKIRA渾身の一冊。




cotton 100%
幻冬舎文庫 より 700円
2013年8月1日発売
五年間にわたるアメリカ大陸放浪を凝縮させたロードノベル
黒人、インディアン、ホームレス、娼婦、エイズ患者、麻薬中毒者、
ギャンブラー、アーティスト、
社会の底辺に暮らす人々との出会いから 、
誰も描きえなかったアメリカの深層部が見えてくる。
NHK日本の百冊にも選ばれたAKIRA伝説の一冊。





ご注文は各リンクページから。





その他の書籍

アヤワスカ  

出神 アジアン・トランス (ミネコ 共著)



オラ!メヒコ (田口ランディ 共著)


 (AKIRA × 映画監督:広田奈津子 × 作家:山元加津子 対談電子書籍)




0 件のコメント:

コメントを投稿