2015年7月31日金曜日

現在のギャラリー犬養、おすすめである。~8月10日(月)まで

うひゃ(ฅ•ω•ฅ)♡

現在開催しているのは、
とりねこてん、スズエダフサコ展
てん    

と、

佐藤菜摘 展 あめもりの池




 ぎゅうぎゅうに手作りのとりねこTシャツや、手縫い刺繍のとりねこバッグやとりねこ小物。

ひとつひとつ手作りのとりねこ封筒や、とりねこポストカード、

ひとつひとつ手縫い刺繍のとりねこバッチ、

ひとつひとつ手縫い刺繍のとりねこぬいぐるみブローチなど、

ブックカバーにもできるとりねこペーパーなど。

ちょびこさん(ふさこさん)のことだから、本もこだわっているのでは・・・
との思いからめくってみると、

清水ミチコ!!!!!!

もうね、チョイスがさすがです。

太字にしてしまいましたわ。

素晴らしい。

ひとりニヤニヤしながら一冊まるまる見てしまいました。

とり と ねこ をこのようなカタチで融合させるのはおもしろい。

この世界観、大好物である。





そんでもって

ちょびこさんのTシャツ購入いたしましたー!!\(^o^)/☆


嬉しいことに長めのTシャツが売っていたので買ってしまいましたよ。

ありがとうございます!このご縁!!


そして2階では、
大学院生の佐藤さんの展示でした。



私には描けない世界観。

色使い、色の重ね方、

素晴らしかったです。

この向かい側にはとっても大きな作品。

窓をはずして外から搬入したんだって。

観にいらしたかたのお楽しみということで写真は撮りませんでした。


彼女の作品好きだわ。

佐藤さんはほんわりとしてて透明感のある可愛い女の子だった。

バッグも販売中!!




お二人とも、私の好きな世界観だった。



ひとつひとつ


ひとつひとつ


ひと針  ひと針


ひと筆  ひと筆



作家の人生が


作家の想いが


そこに詰まっている



ひとつひとつが


だれかを喜ばせている






8月10日(月)まで火曜定休。

2015年7月30日木曜日

死までの日々を考えた。



あなたは誰かの大切な人。



あぁ~なんて私は可愛いのだろう
あぁ~なんて私はイイ女なのだろう
あぁ~なんて私はスタイルが良いのだろう
あぁ~なんて私は美しいのだろう
あぁ~なんて私は最高にバカなのだろう
あぁ~なんて私は最高にイイ女なのだろう
あぁ~なんて私は最高にセンスがいいのだろう
あぁ~なんて私は魅力的なのだろう
あぁ~なんて私はイイカラダしてるのだろう
あぁ~なんて私は最高なパートナーなのだろう
あぁ~なんて私は・・・もういいかw

(毎日夜中にひとりつぶやきまくっている)




もっと貪欲に生きよう!!






数日前、

自分に起こった とある現象を、

病気のサインだと思い、

なんの病気か調べた。

私もついにガンを経験するのだろうか。

とか思った。

誰かに言ったら絶対病院に行けって言われるから

絶対誰にも言わないぞ。


そう思い、

疑われる病気を考え、そこから思考は妄想になり、あんなことこんなこと考えた。

禁酒もした方がええのんかな、とか。




いや、こんなにのんびりのびのび生きている私が病気になるだろうか?

とも思ったよ。

ただ、病気になったパパに起こっていた現象と似てるから遺伝もあるのかとも思ったんだ。



「いつ何があるか分からないから、どんどんやりたいことをやろう」

「今を生きよう」


って私はいつも言ってるけれど、

今、死んだらやっていなくて後悔することが確実に在る。

たっくさん在る。

そう思った。


なによりもまず、ママより先には死なないぞ。

ただ、

こればかりは横に置いておこう。



こういうときって改めて俯瞰的に自分の生き方を考え直すチャンスとなる。

ありがたい。


そして、こういうのってターニングポイントになる。

ターニングポイントといえば私は28歳の時だった。


28歳の私は、仕事は評価もしてもらえているし楽しいし充実していたのだけれど、

10年後の自分を考えた時に、

このままここで過ごすのか?

このまま結婚するのか?

結婚して子どもを産んで・・・

私はそれでいいのか??

と思ったんだ。

そうして私は、

じゃあ死ぬ時に何をやっていなくて後悔するのだろうか?と考えた。


考えて出てきた思いは、

もっと世界を観ておきたい。

ということだった。

これをきっかけに、仕事を辞めて地球一周したのだが、

ここら辺のことは作品集A。に書いてある。



ということで、

もしやまたターニングポイントが来たということだろうか。

せっかくなのでターニングポイントかもしれないとして、

あたまに浮かんだことを連ねてみよう。


まず、



目の前の人のために何ができるだろうか
って考えすぎないようにしよう。

私はイイ人過ぎるところがあるからね。

嫌われてナンボや。

どんどん嫌われよう。





うわ!むっちゃラッキー!!
なんてツイてるんや!私は!!!!
ってことをこの先も何回も体験したい。

まだまだミラクルを体験したい。感激したい。感動したい。

私はツイてる!!!!!



作品集C。を創る。

まるまる一冊、パパの一周忌追悼個展で仕上げる。

次の個展までに創るぞ。






他にもこれから数年越しで計画しているあるものの制作も私でなければできないものだ。


そうだ、私にしかできないことをやっていく。
他の人でも大丈夫なものは
どんどん手放していく。

これだな。



あ、師匠も見送らなきゃあかん。
この人はあと何十年も生きるだろう。
AKIRAさんがアンディさんの追悼イベントをしたように、
私も師匠の追悼イベントしなきゃ気が済まん。


師匠より先には死ねないぞ。


ちょうど今、
イラストレーターのかわむらえり子さんのブログ青山おしゃれ古着店を覗いたら、
NYの60歳以上の超おしゃれ派手派手マダムが満載で、
私もこうなるぞ!!と熱く思った。


長生きしておしゃれな ばぁちゃんになるぞ!!

そんでもっともっと世界を旅する!!


誰しも確実に死ぬ時が来る。
死ぬまでに何をしておきたいだろうか。


もっともっとバカになろう。
もっともっとわがままになろう。
もっともっと人に迷惑をかけよう。
もっともっと好き勝手に生きよう。

人生楽しんで生きたもんがち。



あ、病気じゃありませんでした。

みなさまありがとうございました。

2015年7月28日火曜日

「みんなイイ女なんだよ!!」 マッチ展搬入・交流会、そして今。



タイトルはマッチ展の交流会で、
とある方が何度も仰っていた言葉。


さて、マッチ展の搬入から最近のことまで一気に書くぜ。


そう、予定通り、

カレー!マッチ!カレー!!


行ってきましたよ。




まずはこちら、

藤野のカラバト・カリーさんのパキスタンカレー!!


おぉ!こんなところに笑い文字!浸透していますな~。

カレーはもちろん、おいしかった!


さぁ、苫小牧まで一気に行くわよ!



ヒアラタアートスタジオ

 搬入風景。

苫小牧在住の作家さんや、


札幌の作家さんたち。

総勢62名の作家さんの作品が集まっていて見応え凄いです。

去年より一層パワーアップしている。


とりあえずわたしがお手伝いできることはなさそうだったので、

ウトナイ湖に行ってみました。






撮影していて感じたのは、

やっぱり人物を撮影したい!ということだった。

被写体となるその人の一瞬の表情をとらえるのが好きなんだな。私。



お!子どもたちがきたよ!










小鳥さんに服が着せられている


愛を感じるねぇ~


小鳥さんよかったね


夕飯まで時間がある。
ということで、


支笏湖にも行ってきた。

はぁ!って息をのんだ。

美しかった。

曇りの美しさを感じた。

豪快な雲たちだった。






さぁ、締めくくりのカレーラーメンやで。





ホッキギョーザ?


ということで、




ホッキギョーザと、エゾシカギョーザを食べてみた!

黒い方がホッキ、赤い方がエゾシカ。

しかし、味はよく分からなかった。


出ました、これが元祖カレーラーメン!

ほんまにカレーでラーメンやわ。

カレーが濃厚なので、

いっぱい食べれる人は、ライスを頼めばいいと思うぜ。

これを食べた私は、カレーうどんが食べたくなった。




翌日も苫小牧へ。

マッチ展の交流会に参加してきた。


マッチ展主催のれいさんが準備してくださったお料理がとてもおいしかった。
れいさんが育てたという細長いレタスやパセリもおいしくていっぱい食べちゃった。



いろんなかたのお話をお聞きしていて感じたのは、

2015年はみんなそれぞれターニングポイントなんだなということだった。

やりたいと思ったことは、誰になんて言われようがやってみればいいんだ。
あなたの人生はあなたのものだ。

死ぬ時にやらなかったことを後悔するよりも、
どんどん何でもチャレンジしてみて
人生でたくさんの経験を創っていこう。


大切なのは
クリエーション

創造である。




「みんなイイ女なんだよ!!」

主催のれいさんは熱く何度もこの言葉を口にしていた。

私もパクらせて頂こう。



「みんなイイ女なんだよ!!」
 


今週31日は水瓶座で満月ですな。

今月2回目の満月。ブルームーン。

私のからだもブルームーンに合わせ、

今月2回目のムーンタイムがやってきました。


私のからだは意外と自然の摂理に合わさっているのかしらね。

反抗的なピンクのあたまなのに。




北の燐寸アート展
苫小牧は31日まで
10時~16時
ヒアラタアートスタジオにて
入場無料
HIARATA ART STUDIO (ヒアラタアートスタジオ)
〒053-0833 苫小牧市日新町1−5−3
JR苫小牧駅より車で約15分
最寄りの市営バス停留所:日新温水プール(ハッピー1近く バイパス沿い)から徒歩約3分