2015年10月30日金曜日

ひざまずいて告げてください。






きのう美容室で「よく当たる占いのいつもの雑誌持ってきますね」とアシスタントの子が某雑誌を持ってきてくれた。


水瓶座の私。

「~略~ 11月11日。あなたは素晴らしい、あなたは必要な存在であると、たくさんの人が跪いて告げてくるでしょう。・・・」

みたいなことが書いてあった。


あるわけないやーん!!




誰がひざまずいてしのはすばらしいって言ってくれるんだよ!

たくさんってどんだけや!



ツッコミどころ満載やわ。


しかし、11月11日が楽しみである。







好きな人のイケメン写真を見ると、うわぁい!うっひゃーい!とテンションが上がる。


ずっと見ていたくなる。


私の場合は、HYDEさんなんだけどね。



AKIRAじぃじの写真もずっと見ていたいと思ってもらえるような写真を撮りたいと意識してるよ。


今日は岐阜に移動。

じぃじのLIVE3本撮影してくるよ。




いい写真が撮れますように!




きょうも短めに終わらせておこう。

2015年10月28日水曜日

満月いぇーい!\(^o^)/ひゃっはー!

大阪時代の部屋。バナナ。





さぁそろそろ起きて作業しよう。


って言いながらブログ書いてる深夜1時。



満月になった昨夜21時は曇っていたけど、

いまは月がきれいに見えたよー!



満月の時は吸収しやすいからお酒を飲まないようにしてるよ。


名付けて満月禁酒。

最近はお酒に弱くなって二日酔いになりやすくなっちゃったのよね私。

飲んでるときは大丈夫でも、翌日は頭痛祭りになってまうのよね。



吸収しやすいのを利用して美容液を多めにたっぷり塗るといいって星占いのゆか(ルイ)さんのツイートに書いて、


いや、たっぷりとか書いてなかったわ。


記憶って曖昧~!

ま、ええわ。



もう28日やん!

30日には岐阜やからやること早くやらなあかんでー!



今日、めっちゃエエこと知ってしもうたわ~!ラッキー!\(^o^)/

岐阜に荷物を送るために、バックパックに三脚とかを詰めて営業所に持ってったんやけど、

お兄さんに、重さとか料金に関係してるんですか?

とふと訊いたら、「かばんはすべて120扱いになるので重さ関係ないんですよ~」だって!!!


お兄さん、さらっとエエこと教えてくれてるやん!ありがとう!


今度から荷物はバックパックに詰めて送ろう。


ネアリカ作品も、大きいバックパックに詰めて送ることにしよう♪



だからAKIRAじぃじはいつもおっきなバックパックに機材も物販も詰めて送ってるんやな。

ひとりでは持てないくらいの重さ。



あぁまたじぃじに似てきてしもた~。




わたしのバックパックはこれ~!大阪時代の写真やけど。

昔の大阪の部屋の写真みてたら愛しさにあふれる。



ゴッチャゴッチャやけど~


部屋と愛し合っていたなぁ。


野菜中心の生活やったわ。


なんでトンカチなんやろ。


斎藤一人さんのお話を聴きまくって絵を描いていた。


ホ・オポノポノの4つの言葉をとなえまくってた。


引っ越し。


荷物をすべて送り出した。


うっしゃーい!\(^o^)/




写真から出てきた2014年7月19日の投稿より。



わたしの愛した大阪の部屋。


ネットや布団だけ残して過ごしている。


大好きな家具が無くても、なぜこんなに居心地が良いんやろか。

殺風景な何も無い部屋は落ち着かず、絵やカラフルなもので溢れさせたくなる私だが、
今はその衝動に駆られない。

おそらく、この部屋はわたしの愛で満たされているからやな。

この部屋でわたしの人生は新しく生まれ変わっていった。

次にこの部屋に住む人も、ここで過ごせばきっとしあわせな自分に気付いていくやろう。

今やから言えるが、この部屋には、インド人男性もアメリカ人のじいちゃんも遊びに来たっけな。笑

あはは

今としてはネタやわ。笑

じいちゃんに会いにアメリカ行かな。

インド人男性は私への依存が強かったから、フェードアウトさせていただいた。
ちゃんと生きてるやろか。
きっとしぶとく生きてるやろな。

私に「my sweet 奥さーん!」と言ってくるが、
奥さんと子どもがインドにいるっちゅうパターンね。
さようなら。

昨夜のスナックは最高に笑えた。そしてママや御姉様の愛を感じた。

店に入ると、50代の男性客が二人。二人は同級生らしい

ママはパンチパーマ。…!Σ( ̄□ ̄;)

私が前のバイト先でお世話になった美熟女な御姉様もいる

男性客が近くにおいでと言ってくれたので隣に座る。

隣の男性と考え方が合う。話が合う。

2、3日前に30年働いた警察をやめたそうだ。

人生50年と思い働いてきて、50歳も過ぎたことだし、
やりたいことをして生きていくことを決めたようだ。

この男性に何度も言われたことは、

「子孫を残すんや」
「子孫を残すんや!」
「子孫を残すんや!!」

は、はい。Σ(´∀`;)

こればっかりは相手が必要なことだ。

大阪の彼は全く連絡がつかない。

もう彼でも何でもなくなったのか。

離れてゆくものに執着も何もしないよ私は。

何でも手放していくよ。

人生はおもろいもんや。

こうなったら良いな~♪と思っている以上に最高なことがやってきたりするから、
あまり自分の理想に縛られないことが大切やと思てる。

店になんやかんやと揉めながら入ってきた夫婦のお客さん

来るときはいつも夫婦喧嘩をしているらしい。

揉めてる夫婦を見て笑ってしまう。

このご夫妻もAKIRAさんのライブに行ってくれば奇跡起きるんちゃうかと思た。

一人男性客が入ってきた。

長生きすることが一番大切やと思てるようだ。

元気でいるんやで、じいさん。

しかし、このじいさん、絡んでくる。

そして何を言ってるか分からないから相づちを打っていたら、

聞き取れた言葉は、

「入るんやったら、吉本より松竹の方がギャラが良い」という話やった。

私いつから吉本入る話になってたんやろ。

おもろすぎて疲れる。

喧嘩夫婦の旦那さんが帰り、

喧嘩夫婦の奥さんがカラオケでストレス発散している。

絡みじいさんは、私に「こんなうまく歌えるんか自分!」と言ってくる。

関西弁の「自分」というのは、「あなた」ということやから、
これを知らずに関西人と会話すると ややこいことになる。

みておれよ、じいさん。

私が20歳のときに夜のお店でオジサマを落とした十八番を歌ったるねん。

MISIAのEverythingや。

懐かしいな。

20歳のときのオジサマに会うたびに、あれを聴かせてくれと言われる。

昨夜も感情込めまくって歌った。

絡みじいさんは私の歌声を聴いて落ち着いた。

と、思たら歌ってるときに話しかけてくる。

私は「わからんがなー!!」と強く言ってしもた。

あ!と私は思った。

が、これがエエね~ん♪と私が強く突っ込んだ言葉に快感を覚えている。

ただのMな絡みじいさんだった。

よくわからん。

はじめから居た二人の男性客が帰るので私も帰ろうとしたが、
ママに もう少し居といてと言われた。

ママはうどんを作ってくれはった。

納豆と温泉卵入り。

温泉卵はママの特製。

その前にも、ママの手作りの茶碗蒸しを頂いた。

とびきり美味しかった。

美味しかったから美味しかったと伝えたことが、元警官のオジサマに、
「君はちゃんと一言付け加えるからたいしたもんだ。良い人生を歩んできたんやな」
と言ってもらえた

何か私からにじみ出ているんやろか。

私の話し方は哲学的だと言われたりしたこともあるが、そういうとこからなんかな。

ママは格安にしてくれた。

私はこの倍の金額を出そうとしていたのに、逆に申し訳ない。

「その代わりまた絶対来るんやで~!!」

と、パンチパーマで言われた。

こりゃ来るしかない。

ひさしぶりに歌えて気持ち良かった。

楽しかった。

私は最高に「今」を楽しんでいる。

しあわせやねぇ~♪

今宵も愛情たっぷりの大阪のママとパパとおばあちゃんに会いに行く。





このあと、大阪の彼とは無事に連絡取れたのでした。チャンチャン。\(^o^)/

2015年10月25日日曜日

ピンとこなくなったことは手放せ!

photo by Makky


実は数日前、圧縮されて送られてきた写真データのひらき方を覚えた。 いまさら!

いままで一枚一枚開いていた。



実はさっき、おしりから出血した。 きれいな色!



実は…、


あとは特にないかな。



実は…、っていうことって、ほかの人にとってはけっこうどうでも良いコトである。



photo by Makky



これからもわたしは正直に生きる

好きなことに時間をつかう

好きな人に会う

気になることはやってみる

気分がさがる人には近づかない

わざわざイヤなことに時間をつかわない

ピンとこないことはしない

ピンとこなくなったことは手放す





photo by Makky





みんなが自分の好きなことをしてガンガン人生を楽しんでいる姿を観るとうれしくなる。


そんな姿にエネルギーをもらっちゃう。





わたしもガンガン人生たのしもー!!\(^o^)/


たまには短く終わらせよ。




2015年10月23日金曜日

たなかしの 私はただここに在る



10月19日急遽行われた大回顧展も終わり、

・たなかしの個展「性」、
・10月10日たなかしの主催FINAL AKIRA LIVE、
・SHINO TANAKA ART WORKS 1989-2014、
・文化交流祭へ作品出展

すべてのイベントが終わりました。

個展、イベントにお越しくださったみなさまありがとうございました。








個展にAKIRA師匠の撮影、イベント主催とか盛り込み過ぎた。

半年間に行うようなことを3週間にぶち込んでしまった。そんな気分だ。

撮影のため師匠と行動していたら、たくさんの素晴らしい方々にシンクロのように出会いまくった。

やっぱりこの人すごいわ。




photo by AKIRA


19日、友人に搬出を手伝ってもらい、友人を家まで送った帰りの車内で、
すべてのイベントが終了いたしました。ってブログ書かなきゃなーって考えていたら、

その考えている状況、心境、光景が、デジャヴだった。

あぁ、やっぱりこうなるんだ。この状態で大丈夫なんだなって思った。

起こることはすべてベストなんだ。






私は無限おっぱいの洞窟のおすすめの本の中に、

師匠の代表作、「COTTON100%」をおいていた。



この本は、「こんなバカがいるんだから私は大丈夫なんだわ」と思わせる力があるため、

たくさんの自殺志願者を救った伝説の自伝処女小説でありNHK日本の百冊に選ばれた本。


ある方は、この本を洞窟内で読んでくれて、

「しのちゃんがAKIRAさんを師匠と呼ぶ意味がわかった。よくAKIRAさん生きてたね。すごい人だね」

と言ってくれた。

すんごい嬉しかった。

師匠に伝えたら「それチョー嬉しいんですけど!\(^o^)/」と反応があった。



こんな声をきいただけでも、この空間をつくってよかったなと思う。





10月10日の対談で、私がどうしてAKIRAさんと出会ったのかとか聞きたかったということも言われたのでここに軽く書こう。知ってる人が多いと思うのでその方たちはスルーしてね。




私がAKIRAさんと出会ったのは去年2014年の7月でまだまだ月日は浅い。

私はそのとき会いたい知人が水曜日にみんたるというお店にいるということで、
そのお店のホームページを見てみた。

すると出てきたのは、明日AKIRA LIVEがあるという情報だった。
アンディウォーホルから奨学金を得てニューヨークのアカデミーに通っていたというプロフィールに
「は?なにそれ。日本人でそんな人おるん!?会わなアカンやん!!」という反応をした私。

私はそもそもアンディウォーホルさんが大好きだったのだ。POPな色使いの作品が。

私は音楽には全く興味がなかったけど、とにかく大雨の中、ライブに向かった。

音楽に興味がなかったのに、歌を聴いて勝手に涙があふれて、「マジ、なんなんこの人!」ってなった。

ライブの後の、あ、詳しく書いたブログあったわ。→ AKIRAさんとの出会い

もっと詳しく聞きたい方は直接会って私に訊いてください。



それにしても10月10日のライブは、映像編集していて感じたけれど、
超常連さん向けの内容だったな。

不思議と予約してくれていた方々が来れない事態になったんやけど、
これは必然だったんやなと感じたわ。



濃密で濃厚な超貴重な二度とないライブだ。

AKIRA楽曲、新旧のアレンジャーが「はじめまして」と握手しちゃうライブは二度とないだろう。

私だからこそ依頼することが出来て、実現出来た内容じゃないかなと自負しちゃうね。





そして私は去年の年末から決めていたのは、3回しか主催しないということだ。

必要な人に届いて、伝えていきたいという人が引き継いでいってくれたらそれでいい。
ダラダラ何回もしないというスタンスだ。

それが叶った。



大阪ライブではじめて聞きに来てくださった方たちが、12月の大阪ライブを主催してくださるし、

大阪ライブの打ち上げを参加者同士でおこなった方は、札幌でAKIRA LIVEととーるさんのライブを主催するし、

札幌のライブの後に、主催を決め12月に札幌ライブを主催する方も現れたし、

なんか、めっちゃええやん。

よかったやん、私。


主催者が出てきたことが一番、私が求めていた結果。




タイミングが来ている人に、

必要な人に届くように。




そもそもなぜライブを主催しようとするのか。

それが自分でもわからない。

主催するのってめっちゃ大変やで。

でも、なにかに突き動かされるように主催を行う。

結構、そんな主催者さんいると思う。

私が思うに、未来で自分が主催したライブをきっかけに人生を変えちゃう人たちが現れる。

現代物理学では未来から現在に時間が流れていると考えられているから、

未来が今の私をあやつって、ライブを主催させるんやと思う。


AKIRAさん自身がライブで伝えていきたいことはこんなこと。

自分なんかツマラナイ人間だと思っている人もみんな、無数の祖先の魂から受け継いできた火を自分の内側に灯してるんだ。

普通のライブは「どうだ、オレはすばらしいだろ」というライブばかりだが、
AKIRA LIVEというのは参加者が主役で、
来た人全員、みんなに、あなたは素晴らしい!あなたは素晴らしい!あなたは素晴らしいんだ!ということに気付いてほしくてライブをしている。

ひとりひとりの人生は実はパーフェクトなんだ。
どんなことが起こっても、それはすべてがベストなんだ。
大変なことが起きたり、病気になったりすることも本当はベストなんだけど、みんな洗脳されてるから社会のものさしに合わせちゃって、これはイイこと、これはワルいことって決めちゃう。

だけど、みんなひとりひとりのライフシアターにとっては全部ベストなことで、学びのことしか起こっていない。
そこに気付いた瞬間、はじめて自分の人生を奪還することができるようになる。
他人のせいにしたり、イヤイヤなんかしょうがないけど生きてるとか、だれかに生かされてるとか、

そういう他人任せじゃなく、自分が全世界に責任をもっていて、自分が神なんだという覚悟をもち、自分のなかにもSomething greatが宿っているんだということ。そして自分は千年の軛を断つために遣わされた戦士なんだということ。

自分自身に対する誇り、きみの人生は最高だった。きみの選んだことになにもまちがいなんてなかった。今のきみになるためぜんぶ必要だった。自分で自分をだきしめてやれ

これが一番伝えたいことなんだ。



私はAKIRAさんの伝えていきたいことを、私なりのやり方で発信していくことになるんだな。

それがまずは来年発売の写真集&名言集。

かなりAKIRAさんに期待されてしまっている。

今までAKIRAさんの写真を撮ってきたプロのカメラマンは30人以上いるらしい。

けれど、AKIRAさんは私の写真に衝撃を受けて、ショックを受けてしまったらしい。

AKIRAさん自身も写真を撮っていたけれど、私の写真には敵わないから写真を撮るのをやめたらしい。




「しのっていうのは広大な分野を行き来するアーティストとなる。
アートや歌の分野ではしのはオレには敵わないが、

写真の分野に関しては、オレはしのを超えられない

本気で天才だと思う。すごいのよ。自分ではわからないかもしれないけど。
これブログで書いといて」



はい、書きました。

そして電話では言えなかったけど、











6m×6mのうんちの絵と自分から抜いた血で絵を描いた人には敵わんわ!!




あぁ、バカだ。

師匠、すんません。

でも、バカだというのは褒め言葉だと思う。

人生でどれだけバカになれるか。

私ももっとバカになろう。

photo by Makky

photo by Makky



私は最近、周りに対してはどっちでもいい、どうでもいいというスタンスだ。

長倉顕太さんの影響が強い。

これ、ホンマに楽なスタンスだ。

自分が創るものは別だが。


だから、

あなたが感じたいように感じていればいいし、
あなたが思いたいように思っていればいいし、
私は誰にどう思われても、何を言われてもどうでもいい。

私は私がやりたいことをやっていくのみ。



これだけだ。

2015年10月22日木曜日

「GREATEST HITS AKIRA 2005-2015」

AKIRAさんのアルバム全曲解説です。

歌詞はこちらから。ご注文はこちらから。



  1. ウレシパモシリ
  2. ハイボクノウタ
  3. だいじょうぶマイフレンド
  4. 勇者の石
  5. 祝福の歌
  6. The profession
  7. Traveling man
  8. 雲のうえはいつも晴れだから
  9. PUZZLE
  10. ばあちゃんの手
  11. Hello my mom!
  12. 家族
  13. ありがとう


うひょー、帰国と同時に届いてましたよ、
ジャーン!
「GREATEST HITS AKIRA 2005-2015」

もう十年間も「ベストアルバムはないんですか?」と言われつづけ、「勝手に自分で作って!」と、主催者たちはマイベストを作って集客していたのだが、もうこれ一枚聴かせればイチコロって感じ。
「AKIRAアルバムはぜんぶ持ってるからいらない」と言われてもだいじょうぶ。
なにしろ全13曲すべてがニューアレンジなのだ!(持ってるアルバムと聴き比べるとおもしろいよ~)
普通のアルバムが60分以下なのに、これは70分という最長アルバムだ。
そりゃあそうだろう、もう全員が4番バッターの野球、全員がセンターフォワードのサッカー、全員が横綱の相撲、牛丼のうえにトンカツが乗りさらに焼き鳥がのっているようなもんだ。
この一枚には、生きるための智慧がすべてつまっている。
アイヌ民族やアメリカンインディアン、世界中の先住民たちやシャーマンの伝説、聖書やコーラン、インドのウパニシャッド哲学やユダヤのタルムド法典、仏典や禅の教え、そしてジャンキーや泥棒やマイノリティのストリートサバイバル術、精神世界から量子物理学まで、人類の到達した学びが歌となって昇華されている。
このCDをくりかえし聴き込み、脳に飽和入力することによって生き方が変わっていく。
自分自身を、家族を、仲間を、世界を、丸ごと愛せるようになるだろう。




1.ウレシパモシリ

マヤ族の長老が「ウレシパモシリ」を聴いた時、「なぜマヤの長老しか知らない秘伝を日本人のお前が知っているんだ!」腰を抜かした。
長老は日本語がわからないのに、オレのアルバムを3枚も買って帰った。 (笑)
世界はあなたの鏡であり、我々はひとつの命を生きている。



2.ハイボクノウタ

勝利というのは自分の価値観を相手に押しつけることだ。
敗北というのは相手の価値観を学べることだ。
勝つより負ける方が100倍成長するんだ。
オレは人生のすべてを敗北から学んできた。
もちろんあなたもそうだろう。
ただ「勝つことはいいこと、負けることは悪いこと」という洗脳によって、親も学校も負け方を教えてくれない。
柔道だって投げより先に受け身を教わるだろう?
社会に出たら負けの連続だ。
だからこそ負けることの大切さを伝えたいんだ。
※注 この歌は高額商品を値切る時にも使えます。



3.だいじょうぶマイフレンド

敗北と同じように、まちがいや失敗からオレたちは多くを学ぶ。
エジソンに弟子が言う。
「先生、もう100回いくらい失敗してますよ」
「いや、私はうまくいかない方法を100個も発見することに成功したのだ」
人生最大のまちがいは、まちがいを恐れることである。
まちがいを恐れるものに成功者はいない。



4.勇者の石

この話はインディアンの長老が語ってくれた。
それを聞いたオレは天地がひっくり返るほど驚いた。
日本で病人や障がい者は「かわいそうな人」、「不幸な人」、「社会的弱者」などと教えられてきたのに、インディアンは「勇者」(Brave Heart)と呼んで敬う。
この考えを知ったらどれだけたくさんの人が救われることか。



5.祝福の歌

命が誕生する確率は、ジャンボ宝くじを一人の人間が100万回連続で当てるよりも奇跡だという。
このよに無駄な人間なんてひとりもいないし、すべての命は祝福されて地上に降ろされた。
社会の目的はお金持ちになることや成功することだが、魂の目的はよりたくさんのことを学ぶかだ。
うまくいってるときは人がほめてくれるが、うまくいかないときこそ自分で自分をほめてやろう。
なぜなら不運や不幸によって魂が成長するからだ。
だめなままでいいんだよ、弱いままでいいんだよ、きみのままでいいんだよ。
きみは天に祝福された神の子供なんだから。



6.The profession

仕事や職業ジョブ、ワーク、プロフェッションと呼ぶ。
子供のころは親の仕事が恥ずかしかった。
しかしその仕事できみを食べさせ、育て、学校までいかせてもらった。
まさにきみの血や肉を与えてくれたのは親の職業なんだ。
大人になってしごとにつくと、それがどんなにたいへんなことかわかる。
「はたして自分は自分らしく働いているだろうか?」
「心から人を喜ばせるように働いているだろうか?」



7.Traveling man

オレは一年の半分を日本中ライブでめぐり、残りの半分を海外で過ごしている。
つまり一年中旅しているわけだ。
芭蕉が言うように、旅自体が住処なのだ。
おそらくオレのなかにはノマドやジプシー のような放浪民族の血が流れているのだろう。
まあオレほど放浪癖がない人でも、人生自体がひとつの旅なので、みんなTraveling manなのだ。
旅は世界の本質を学ぶ最高の学校であり、異なる価値観に触れることによって、民族や宗教を超えた普遍的な真理を手に入れることができる。
こんな自由に旅できる時代は人類史上はじめてた。
オレは命のある限り世界のすべてを見てみたい。
時代を見つめる巨大な一つの目になるんだ。



8.雲のうえはいつも晴れだから

最近は新幹線よりも飛行機を使う機会が多くなってきた。
たとえ空港がどしゃ降りでも、飛行機が雲を突き抜けると、そこには無限の青空が広がっている。人の心の中にもそんな場所があって、そこには「もう一人のきみ」がいる。
それはきみの本当の姿であり、きみの正体は無限の宇宙を旅しつづける崇高な魂なのだ。
東北の震災後、多くの人々に勇気を与えた歌でもある。



9.PUZZLE

1ピース、1ピースのパズルはいびつでデコボコで不細工かもしれない。
ところがいくつものパズルが合わさることによって、オレの欠けた部分をきみのパズルがおぎない、きみの欠けた部分を誰かが埋めてくれる。
人間は不完全だからこそ、助け合い、支え合い、愛し合う。
そして今のきみになるためすべての過去が必要だった。
それはたくさんの愛に守られた過去だった。
きみがこの歌に出会ったのも偶然ではないのだ。
きみにこの歌を聴く準備ができたから。



10.ばあちゃんの手

老人の手ほど美しいものはない。
深いしわがグランドキャニオンのように刻まれ、空を映すコロラドリバーのような血管が走る。
その手は歴史がつめこまれたタイムカプセルであり、体の中でも一番がんばってくれた働き者だ。
老人はオレたちの想像も絶するような体験をしているのに決して多くを語らない。
しかしその手の存在感がすべてを語っているのかもしれない。



11.Hello my mom !

胎内記憶の研究が進み、子供たちの膨大な発言が集められ、さまざまなことがわかってきた。
子供は親を選んで生まれてくるという。
決してやさしい親だけを選ぶのではなく、自分の学びたいテーマにあった親を選び、その関係も一度や二度ではない。
「子供は無知で大人がしつけなければならない」という考えは時代おくれとなり、「子供は、大人が忘れ去ってしまった大切なものを思い出させるためにやってくる」と児童心理学では考えられるようになった。
子供は神様の住む光の国からやってきた先生なんだ。



12.家族

退行催眠や臨死体験者の証言を聞くと、人は生まれる前にソウルメイトたちと話し合い、どのような人生にするか大まかな計画を立てるという。
家族というのはもっとも近しいソウルメイトだ。
同じ家族といっしょに80回以上生まれ変わった過去を思い出したアメリカ人女性もいる。
おそらくきみも今の家族と100回くらいいっしょに生まれ変わるんじゃないかな。
あっ、心配しないで、顔はちがうから。



13.ありがとう

ありがとうの反対は?
憎しみとか、馬鹿野郎とかかな。
オレはガンで余命宣告されてから、その答えを知った。
ありがとうの反対は?
「あたりまえ」だったんだ。
生きていてあたりまえ、飯が食えてあたりまえ、家族がいてあたりまえ、仕事ができてあたりまえ、旅ができてあたりまえと思っていた。
ところが死を宣告されると、あたりまえだと思っていた日常が奇跡の連続だったことに気づく。
感謝は人間の中で最も気高い感情。
ありがとうは日本語の中で最も美しい言葉。
あなたが感謝したい人の顔を思い浮かべながらこの歌を聴くと、あなたの気持ちが届くかもしれません。



2015年10月リリース。13曲。2500円

2015年10月20日火曜日

今後の活動予定。



2015年の個展が終わり、
個人活動では展示会および公募展出展以外は
熟成期間に入ります。


たなか出没予定。

■10月31日岐阜県美濃加茂市 AKIRA LIVE 撮影

10月31日(土。ハロウィーン)岐阜県美濃加茂市にてAKIRAライブ&ショートストーリーオペラ
「どこにでもいるフツーの人たちのスペシャルな物語」
受付・開場11:30~(時間変更あり)開演12:00~15:30
大人3000円・中高大学生2000円・小学生/勇者さん1000円 当日は+500円 グループ割引有 お問い合わせ下さい
開催場所 総合福祉会館「すこやかタウン美濃加茂」
(岐阜県美濃加茂市新池町3丁目4-1)
参加費 3,000円(税込)
定員 300人(先着順)

☆お笑いセラピスト里美ねぇやんの魂がこもった紙芝居【頭の中の絵のお話】 
       (by 里美ねぇやん弟子チーム) 
☆魂が震えるようなAKIRAさんの歌 
☆そして・・・ 
  どこにでもいるフツーな人たちのスペシャルな人生の物語たち 
を大好きな人たちと分かち合いたい! 
人生の困難こそ宝物! 
生きることは喜びそのもの! 
だからこその「今」をあなたと分かち合いたい! 
ぜひぜひ大好きな方とご一緒にご参加下さいませ! 
お待ちしております! 

《AKIRA》 
  1959年 日光市生まれ。23歳からニューヨークアンディー・ウォーホルから奨学金を 
  受けニューヨークアカデミーに入学。アテネ、フィレンツェ、マドリッドなど、世界 
  100カ国を旅し、帰国後は小説家、画家、ミュージシャンなど多才ぶりを発揮。 
  処女作「cotton100%」は《NHK私の100冊》に選ばれ、2013年幻冬舎より文庫化。 
  2012年、自らのがんを乗り越え、全国年間200本以上のライブで魂のメッセージを 
  贈り続ける。 

前売り(10月28日までに振込完了) 
大人3000円 
中高大学生2000円 
小学生・勇者さん1000円 
当日は+500円 
【グループ割引】 
ご家族やお仲間など、大人二人以上で参加の場合 一人2500円 
大人五人以外で参加の場合           一人2000円 
  グループの代表者様が、まとめてお振込くださいませ 
【家族割引】(-500円) 
★キャンセルポリシー 
  返金は出来ませんので ぜひ代わりの方に来ていただいてくださいね 
お申込みは、にこにこ◎^▽^◎みかん♪(サトウミカ)まで 
  nikonikomikann@gmail.com 
 ①代表者様のお名前(ひらがな) 
 ②人数(内訳)、振込額(合計) 
 ③当日連絡先、お住まいの市町村 
 ④何でイベントをお知りになったか 
をお知らせくださいませ 
★お申込みから一週間以内にお振込をお願い致します♪ 
★お申込(代表者)様とお振込名義が変わる場合はメールにてご連絡くださいませ 
★お振込をもって受け付け完了とします 
★当日受付にて受付終了メールの画面をお見せ頂くか お申込みのお名前をお伝えくださいませ 
★出来るだけ乗り合わせてご来場くださいませ 
    振込先:ゆうちょ銀行 
         記号18270 
         番号27541621 
         サトウミカ 

    他金融機関から振込の場合 
         【店名】八二八(ハチニハチ) 
         【店番】828 
         【預金種目】普通預金 
         【口座番号】27541621 
         サトウミカ 
    ★お振込手数料はご本人様ご負担でお願い致します 
※お申込の時点では仮予約となり、ご入金をもって予約完了となります 
お問い合わせは 記憶のリレー佐藤美佳まで 
 nikonikomikann@gmail.com 
ご参加お待ちしております♪ 


■11月1日岐阜県各務原市手力雄神社 AKIRA LIVE 撮影

11月1日(日)岐阜県各務原市にてライブ
会場  手力雄神社 境内会館 駐車場あり
住所  〒504-0043  岐阜県各務原市那加手力町4 
開場  17時30分   開始  18時  
定員  80名 (要予約) 
参加費 2,500円(一般) 1,500円(高校生) 500円(小中学生)
      (未就学児、身体障害者手帳お持ちの方無料)
お問い合わせ・申込先 坂井 里江 携帯 090-7028-6813  E-mail satoe3030@gmail.com
主催:坂井里江


■11月2日愛知県みよし市 AKIRA LIVE 撮影



11月2日(月)愛知県みよし市にてコンちゃん開業記念ライブ
http://kokucheese.com/s/event/index/312172/
全盲でありながらも日本中を旅している魂の勇者コンちゃんが主催するAKIRA with WAKANA LIVE。 この秋、コンちゃんはマッサージ師として独立開業する。その開業記念ライブです。 
●11月2日(月) 開場13時半 / 開演14時 ― 終演17時 
●料金 
 一般 前売り2500円 / 当日3000円。 
 障がい者手帳をお持ちのかた、および同伴者様一名:前売り1500円 / 当日2000円。 
 同伴者様お二人目以降は一般料金となります。 
 障がい者手帳をお持ちのかた、および同伴者のかたはご一緒にお申し込みお願いいたします。 
 高校生・中学生 前売り1500円 / 当日2000円。 
 小学生以下 無料。 
●別途店内でドリンク一杯ご注文ください。 
●お申し込み後にメールが届かない場合は、お問い合わせホームよりご連絡ください 
●ご入金確認をもちまして受付完了となります 
●ライブ前日のご入金分までが前売り価格となります。一旦ご入金頂きましたら返金対応は致しかねます。
申し込みはこちらのこくちーずまで。
http://kokucheese.com/event/index/312172/
「赤ちゃん&子供も大歓迎でーす
ドリンク代は540円です。
チケット代も含めて、それぞれなるべく、おつり出ない様にしていただけると幸いです
諸々な事情のため前売り券の振り込みは10月29(木)までにお願いします。
問い合わせ近チャン090-5868-1003
またはehf8ajj3@docomo.ne.jp
主催:コンちゃん


●ネアリカ作品制作。







■12月23日埼玉県で第7回全国ネアリカ大会

ネアリカとは、メキシコ山間部に住む先住民族ウイチョル族の毛糸絵画のこと。
板やキャンバスなどに木工ボンドで毛糸を貼りつけて絵を描いていきます。
AKIRAがメキシコからその技法を持ち帰り、日本じゅうに広め、東京、神戸、帯広、盛岡、富山、愛知などで全国大会が開かれてきました。
今年の第七回は埼玉です。
全国からネアリカ作品を公募し、投票でグランプリを決めます。出品料無料(送料のみ出品者負担)なので今からどんどんネアリカをつくりはじめよう。

<<応募方法>>
☆出展料-無料
☆サイズは自由です。1メートルを超える作品はご相談ください。
☆素材-キャンパスか板に毛糸を貼った作品に限ります。(ビーズ、その他の素材を併用は可。)
☆作品数-1個人もしくは1グループで3作品以内
☆販売-展示期間中、展示会場での販売できない作品は「販売できません」と作品に明記してください。
☆出展締め切り-2015年12月18日必着
☆展示期間.2015年12月20日(日)~22日(火)の3日間。12月23日(水)AKIRAクリスマスライブ♪会場にも展示
☆出展方法-出展者個人負担になります。返却は着払いにて郵送いたします。必ず作品タイトル(10文字以内)
郵便番号、住所、氏名(本名)電話番号、Eメールアドレスをお書き下さい。送り先は後日アップします。
☆受賞発表は23日天皇誕生日(水)AKIRAクリスマスライブ♪にて発表。
受賞者の方には表彰式でのコメントを頂きます。記念品贈呈。
☆選考方法-金、銀、銅は
展示された作品に来場者の投票により上位3名を決定します。
AKIRA賞はAKIRAさんの独断と偏見で選ばれます。

12月23日天皇誕生日(水)
<<昼の部>>
☆ネアリカワークショップ
場所 彩の国 埼玉上尾文化センター2F
時間 12.30~15.30
参加費 1000円(材料費込み)
ハサミを持参して下さい。
定員.24名
<<夜の部>>
☆第7回ネアリカ全国大会選手権!表彰式
☆クリスタルなクリスマス を。
AKIRA完全ソロ ライブ♪
とスペシャルな時間を共に分かちあいましょう!!
場所 彩の国 埼玉上尾文化センター 小ボール(定員165人)
開場 17.30~
開演 18.00~
チケット 前売り 2000円
当日 2500円

<会場.>上尾市二ツ宮750番地
上尾駅東口より徒歩15分、
<バス><4番乗り場>伊奈役場、ガンセンター、東大宮駅行き
<申し込み、問い合わせ>
キリコ 080-2238-8073
FAX 048-781-5304
(〒住所、氏名、年齢、ネアリカワークの参加あり、なし、人数、合計金額の記入をお願いします。)
駐車場あり。車イス歓迎です。
主催:キリコ


■12月26日大阪AKIRA LIVE 

12月26日(土)大阪高津神社にてAKIRAライブwith笑いヨガ
神社でアフターX'masパーティー\(^o^)/ 
*****
日  時   2015年12月26日(土)12時30分~17時予定
     開場12時20分予定
場  所   高津宮(高津神社) 末広の間
〒542-0072 大阪府大阪市中央区高津1丁目1-29
定  員   80名先着
参加費    前売3000円 (当日3500円)
       中学生以下は無料 
くわしくは、こくちーず
http://kokucheese.com/event/index/337246/


●2015年夏販売予定
AKIRA写真集&名言集「Will」制作。